スノーフィート

スノーフィート(snowfeet)滑走可能な日本のゲレンデ(スキー場)は?

ゲレンデ スキー場 リフト

こちらではスノーフィートsnowfeet)が滑走可能な日本国内のゲレンデ(スキー場)をまとめてみました。

スノーフィート(snowfeet)が可能な日本のゲレンデ・スキー場

結論からいえば、現在国内でスノーフィート(snowfeet)ができるゲレンデ(スキー場)は問い合わせてみるしかありません。

スノーフィートの性質上、全面滑走可能にするか、初心者コースなど特定コースのみ滑走可能にするかなど、来シーズンに向けて協議中のスキー場も多いようです。

というのもスノーフィート自体がまだまだ新しいウィンタースポーツであり、日本国内で普及していないからです。

実際、ゲレンデでスノーフィートを見かけることはほとんどないでしょう。

またスノーフィートはエッジ部分が極端に短いため新雪やパウダースノーに弱いです。

なので、ある程度固まった雪道が整備されていなくてはなりません。

今後スノーフィートが広まっていけば、スキー場も対応してくれるとは思いますが。。。

人気がでるまでは、動画などで実際どんな感じなのかを見ておきましょう。汗

・・・

ちなみに海外のスノーフィート公式ツイッターでこんなツイートがありました。

Snowfeet is Big in Japan!

とあるように日本での反響が大きいようですね。

 

スノーフィート(snowfeet)が日本で禁止されているわけではない

スノーフィートはまだ日本に普及していないので、なんとも言えませんが禁止されているわけではありません。

クラウドファンディングページにはこのように表記されています。

スキー場での使用に関しましては、予めスキー場にご確認頂きますようお願い致します。

引用元:スキー・スケートのような滑走が楽しめる「スノーフィート」

 

今のところは各々のスキー場に確認するしかないようです。

終わりに

スノーフィート(snowfeet)滑走可能な日本のゲレンデ(スキー場)をご紹介しました。

また情報が出ていないので、今後まとめていきたいと思います。

こちらの記事では動画を合わせて滑り方を解説しています。

雪 冬 女性
スノーフィート(snow feet)とは?滑り方と魅力を解説!スノーフィート(snowfeet)とは、スケート靴のようなミニスキーを両足に装備して雪山を滑走する、新しいスタイルのウィンタースポーツです。両足の動きに制限が少ないので、自由度の高い滑りを楽しむことができます。...

スノーフィートに関するその他の記事はこちらです。

スノーフィート(snowfeet)の難易度は簡単?難しい?スノーフィート(snowfeet)の難易度は、高速域では制御が難しいですが、比較的なだらかな場所では簡単で手軽に始めやすい特徴があります。...
雪山 女性 後ろ姿
スノーフィート(snowfeet)の購入方法(通販・輸入)と価格・値段まとめスノーフィート(snowfeet)のおすすめギアと購入方法をまとめました。現在は手に入りにくい状況です。...

 

楽天カード今だけ7000円分
プレゼントキャンペーン中!

 

RELATED POST

コメントを残す