スノーフィート

スノーフィート(snowfeet)に必要な道具は?板・靴・ブーツについて

靴 ブーツ 

こちらではスノーフィート(snowfeet)に必要な板・靴・ブーツに加えて、その他必要な道具をご紹介していきます。

基本的にスキーやスノーボートと同じ装備で問題ありませんが、スノーフィートならではの道具もあるので、ご注意くださいね。

スノーフィート(snowfeet)に必要な板は?

スノーフィートで滑るにはスノーフィートの板が必要です。

板といっても表情に短くできており、サンダルに似ている形をしていますね。

実際、スキー板やスノーボートよりもコンパクトなので、非常に持ち運びやすい、という特徴があります。

この板を手に入れるのが、今のところ難しい。。。

という話を他の記事でしていますので、良かったら参考まで。汗

雪山 女性 後ろ姿
スノーフィート(snowfeet)のおすすめギアと購入方法まとめスノーフィート(snowfeet)のおすすめギアと購入方法をまとめました。現在は手に入りにくい状況です。...

 

スノーフィート(snowfeet)に必要な靴・ブーツは?

スノーフィートに必要な靴・ブーツは自由度が高いです。

というのも、先ほどのサンダルのような板を靴に固定して滑走するので、靴やブーツ自体はそこまで重要ではないんですね。

冬用の靴やスノボ用のブーツ、あるいは登山靴であっても問題はありません。

What shoes should I use?

Your regular winter boots or snowboard boots. You don’t need any special shoes 🙂

引用元:snowfeet FAQ

なんの靴を使えばいいの?

普通の冬用ブーツ、もしくはスノーボード用のブーツです。

特別な靴である必要はありません。🙂

 

海外の公式ホームぺージにもあるように、冬用のブーツであれば問題ないようです。

しかし、注意点として

  • 防水である。
  • 足首がしっかりと固定される。

 

この2点を満たすブーツや靴を選ぶようにしましょう。

 

スノーフィート(snowfeet)に必要なその他の道具?

スノーフィートでもスキーやスノーボートと同じようにウィンタースポーツには欠かせない必要なものがあります。

つまり防寒着に関する道具ですね。

基本的なものをまとめてみました。

  1. ニット帽・ゴーグル・フェイスマスクなど頭部や顔を守るもの
  2. スキーウェア・アウター・ミッドレイヤー・インナー
  3. スキー用の靴下
  4. スキー用のグローブ
  5. チケットホルダー

 

これらを準備しておけばひとまずゲレンデやスキー場で困ることはないでしょう。

 

スノーフィート(snowfeet)に必要な道具をおさらい

最後に簡単に全ての道具をまとめてみますね。

  1. スノーフィートの板(ギア)
  2. 冬用のブーツ・靴
  3. ニット帽・ゴーグル・フェイスマスクなど頭部や顔を守るもの
  4. スキーウェア・アウター・ミッドレイヤー・インナー
  5. スキー用の靴下
  6. スキー用のグローブ
  7. チケットホルダー

 

以上です。

全て揃えるのではなく、借りることを上手に活用できるといいですね。

・・・

スノーフィートに関するその他の記事はこちらにまとめましたので、ご参考まで。

雪 ハート ウィンター
初心者向けスノーフィート(snowfeet)始め方・やり方全まとめ!スノーフィート(snowfeet)が新しいウィンタースポーツのブームになりそうですね。 こちらではそんなスノーフィートを初心者が始...
雪 冬 女性
スノーフィート(snow feet)とは?滑り方と魅力を解説!スノーフィート(snowfeet)とは、スケート靴のようなミニスキーを両足に装備して雪山を滑走する、新しいスタイルのウィンタースポーツです。両足の動きに制限が少ないので、自由度の高い滑りを楽しむことができます。...
雪山 女性 後ろ姿
スノーフィート(snowfeet)のおすすめギアと購入方法まとめスノーフィート(snowfeet)のおすすめギアと購入方法をまとめました。現在は手に入りにくい状況です。...
ゲレンデ スキー場 リフト
スノーフィート(snowfeet)滑走可能な日本のゲレンデ・スキー場は?スノーフィート(snowfeet)が可能な日本のゲレンデ・スキー場は現在のところ各スキー場に問い合わせてみないとわかりません。スノーフィートが普及するまではこの状態が続くと思わわれます。...
RELATED POST

コメントを残す